スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファイル共有ソフト「パーフェクトダーク」初摘発 アニメ公開した男を逮捕 (産経新聞)

 ファイル共有ソフト「perfect dark(パーフェクトダーク)」を使い、人気アニメを不特定多数の人がダウンロードできるようにしたとして、京都府警ハイテク犯罪対策室と城陽署は27日、著作権法違反容疑で、埼玉県上里町神保原町の自称レンタカー会社アルバイト、丸橋隆行容疑者(37)を逮捕した。

 府警によると、パーフェクトダークは同種のファイル共有ソフト「Winny(ウィニー)」や「Share(シェア)」より匿名性が高く、同法違反での摘発は全国で初めて。丸橋容疑者は容疑を認め、「絶対につかまらないと思った」と供述しているという。

 逮捕容疑は1月4日、パーフェクトダークを使い、人気アニメ「鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第38話」を無断で公開し、著作権を侵害したとされる。

 丸橋容疑者は「2年前から使い始め、最近は1日10数作品を流していた」と供述。ネット上では「アニメ職人」と呼ばれていたといい、「(ダウンロードした人が)感謝してくれる書き込みを見るのがうれしかった」と話しているという。

【関連記事】
一斉摘発は見せしめか ファイル共有ソフト「カボス」って何?
NHK違法コピー騒動!美少女育成ゲーム落とした痕跡
ネット上で神扱い…ドラクエ発売前流出のワケ
盗撮画像&業務データ…派遣男ネット流出
学校内部に共犯?NEC子会社社員が女子高生アレ流出

<無理心中>妻と子供2人死亡 夫を殺人容疑で逮捕 大阪(毎日新聞)
官房長官に与野党から批判=「斟酌理由ない」発言(時事通信)
名護市長選「間違いなく新たな要因」…国務次官補(読売新聞)
安倍元首相「参院選を政権奪回の第一歩に」(産経新聞)
怒鳴る客も粘り強く説得=声掛け「プロ」が秘訣-振り込め阻止の2人・警察庁(時事通信)
スポンサーサイト

飼い主はどこ?カメレオンとウサギ拾われる(読売新聞)

 横浜市保土ヶ谷区でカメレオンと、ウサギが1匹ずつ見つかり、拾得物として届け出を受けた保土ヶ谷署は、飼い主を捜している。

 同署幹部や市立野毛山動物園によると、カメレオンはイエメン原産の「エボシカメレオン」の雄で、体長37センチ。19日午後5時頃、同区法泉の民家の庭にいるのを、この家の主婦が見つけた。

 ウサギは体長約20センチ。ネザーランド・ドワーフ系の雑種で成獣とみられる。同日午前10時半頃に、同区狩場町の市児童遊園地で、敷地内にある環境活動支援センターの男性職員が発見した。

 問い合わせは、同署会計課(045・335・0110)へ。

鳩山首相「小沢氏は潔白証明を」 衆院予算委質疑詳報 (産経新聞)
「(無実と思ったことは)ないです」元検事、当時の認識きっぱり 足利再審(産経新聞)
神社の女子トイレに侵入 容疑の男逮捕(産経新聞)
県警「ノーコメント」繰り返す=鳥取不審死(時事通信)
東京電力元社員ら逮捕=オリックスから融資金詐取容疑-2億4千万円被害・警視庁(時事通信)

温室ガス 政府、「条件付き25%削減」を確認(産経新聞)

 政府は、26日開催の地球温暖化問題に関する閣僚委員会で、1月末までに国連気候変動枠組み条約事務局に提出する2020(平成32)年までの日本の温室効果ガス削減目標について、「1990年比で25%削減」とすることを確認した。「公平かつ実効性のある温暖化対策の国際枠組みの構築」という条件を数値のただし書きに盛り込み、世界で最も厳しい削減目標の“旗”を維持する。

 鳩山由紀夫首相は閣僚委で、「25%削減は大変大胆な目標だが、米中などの主要排出国の背中をむしろ押して世界に頑張る姿をみせたい」とあいさつした。

 昨年12月の国連気候変動枠組み条約第15回締約国会議(COP15)でまとめた政治合意文書「コペンハーゲン合意」を受け、先進国は削減目標、途上国は削減計画を期限までに提出することが求められていた。

 すでに日本政府は、「条件付き25%削減」を提出する方向で昨年12月に合意していたが、新興4カ国グループ「BASIC」(インドと中国、ブラジル、南アフリカ)が削減計画を期限までに提出するなど、温暖化防止に向けた次期枠組み交渉が前進する兆しがみえつつある現状を踏まえて、今回の確認にいたった。

【関連記事】
温室ガス半減、切り札は薪ストーブ!? 滋賀県が工程表
京都からコペンハーゲンへ
日本の温室ガス25%削減は変わらず 小沢環境相
温室ガス大幅削減求めデモ コペンハーゲンで3万人
ハンスト1カ月、温室ガス大幅削減訴え COP15会場でNGO女性

小沢氏「責任」言及 低姿勢貫き逆風回避 検察・マスコミ批判も封印(産経新聞)
国産「バイオ後続品」を初めて承認(医療介護CBニュース)
相場操縦容疑、会社役員を再逮捕=数億円の資金提供か-ユニオンHD事件・大阪府警(時事通信)
中学生書き初め276点ズラリ(産経新聞)
鳥取・米子「ダラズFM」6月に開局(産経新聞)

小沢氏の公設秘書、大久保被告の西松献金事件公判を延期 (産経新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐる政治資金規正法違反事件で逮捕された公設第1秘書、大久保隆規容疑者(48)について検察と弁護側、東京地裁が21日、協議を行い、今月26日に予定されていた西松建設の違法献金事件の第3回公判期日を取り消すことで合意したことが関係者への取材で分かった。

 大久保容疑者は昨年3月、西松建設事件で逮捕、起訴された。第3回公判では大久保容疑者の被告人質問が行われる予定だった。しかし、今回の逮捕で26日は勾留(こうりゅう)中となる見通しのため、検察側が公判期日の延期を申し入れていた。

【関連記事】
大久保被告「小沢氏の相続資産」 土地購入代金、石川容疑者が供述
意地の特捜部、対決姿勢の小沢氏
断てぬ「利益誘導」政治…田中・金丸直系の小沢幹事長
裏献金、鹿島が指示か 水谷建設に「あいさつに行った方が」
「任意捜査では解明できない」と判断 小沢氏の関与、随所に

過去問再利用なし=センター試験(時事通信)
淡路島でスイセン見ごろ(産経新聞)
「風化せぬよう子供に伝えたい」=祖母なくした遺族代表の下浦さん-阪神大震災(時事通信)
小沢氏、23日に聴取=「被疑者」も検討-4億円の説明求める・東京地検(時事通信)
「オーシャンズ11を思い浮かべて」 警視庁、駐輪場荒らしの少年窃盗団摘発(産経新聞)

首相「起訴ないこと望む」発言を撤回 衆院予算委(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は22日午前の衆院予算委員会で、民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体による政治資金規正法違反事件で東京地検特捜部に逮捕された同党衆院議員の石川知裕容疑者に関し、「起訴されないことを望みたい」と発言したことについて「誤解を与えてしまうのならば撤回したい」と述べた。

 発言の真意については、「起訴されることになれば申し訳ないという意味から、捜査によって無実が証明されればよいという思いで申し上げた」と釈明した。自民党の茂木敏充幹事長代理の質問に答えた。

【関連記事】
鳩山首相、捜査介入を否定 「不起訴望む」発言で釈明
小沢氏の形式犯論 虚偽記載は重大な犯罪だ
首相の「不起訴望む」発言 首相の「反検察」の本音明らかに
民主・輿石幹事長代行、「捜査情報リーク対策チーム」設置は見送らず
鳩山首相「小沢氏は潔白証明を」

府税収入1兆円割れ…橋下知事、予算で議会と初の意見交換(産経新聞)
ネット掲示板に男児裸画像=容疑で専門学校生逮捕-警視庁(時事通信)
派遣で生活55歳の新左翼活動家、失業手当を詐取容疑(産経新聞)
無登録で出資募集、有価証券売買会社など捜索(読売新聞)
小沢幹事長の事情聴取が終了(読売新聞)

機密費2・5億支出、河村元官房長官を背任で告発(読売新聞)

 麻生内閣の官房長官だった河村建夫衆院議員(67)(自民)が昨年8月の衆院選の2日後、2億5000万円の官房機密費の支出を受けた問題で、大阪市の市民団体「公金の違法な使用をただす会」(小林君夫代表)は18日、河村氏について背任容疑などで東京地検に告発状を提出した。

 告発状によると、河村氏は昨年9月1日、官房機密費として通常の月の2・5倍に当たる2億5000万円の支出を受け、目的外の用途に使用し、国に損害を与えたとしている。

江戸川で郵便局強盗 500万円奪い男が逃走(産経新聞)
火災 東京の西新橋で13棟が燃える(毎日新聞)
インプラント再使用疑惑の歯科院長、自殺未遂(読売新聞)
<自民党>政策集団「のぞみ」発足 山本元金融担当相ら5人(毎日新聞)
バイク酒気帯び運転 高校職員停職1カ月(産経新聞)

センター試験 追試験、最多の961人 雪で遅れ、1万人影響(産経新聞)

 大学入試センター試験は17日、全国の725会場で理科と数学の試験が行われ、2日間の日程を終えた。懸念された新型インフルエンザの影響では、季節性を含むインフルとみられる症状で509人が追試験対象となり、対象者全体ではセンター試験で過去最多の961人に上った。北海道では雪による交通機関の乱れで、札幌市内などの9会場で試験開始が1時間繰り下げられ、約1万人の受験生に影響が出た。

 インフルなどによる509人の対象者は昨年の風邪などの対象者123人を大幅に上回ったが、5万人規模の大流行を想定していた大学入試センターは「予想より大変少なく、ほっとしている」とコメントした。

 追試験では、試験開始に遅れた北海道の受験生らが多数対象となった。一方、試験中のトラブルなどによる再試験は、今年は英語リスニングの1人のみで、前年の719人から大幅に減少。追試験、再試験ともに30、31の両日に行われる。

 大雪以外のトラブルでは、長野市の信州大学で理科(1)の試験を定刻より14分前倒しするミスがあった。同センターによると、監督者が誤って定刻前に試験開始を指示。ミスに気づいたが、大半の受験生が問題を開いていたため、終了時刻を14分繰り上げたという。受験生は23人。

 また、同センターは16日に実施した地理歴史の「地理B」の問題中に記述の誤りがあったと発表。ベルギーとスイスの公用語に関して、ベルギーが公用語を制定しているにもかかわらず「制定にいたっておらず」と記述していた。ただし、正解を導く上で支障はないとして、採点上の措置は取らない。

 試験結果については、平均点の中間発表が20日に行われ、得点調整の有無が22日、平均点の最終発表が2月5日に行われる予定。

<名古屋市>住基ネット離脱に意見50件 賛成1、反対35(毎日新聞)
小沢幹事長 4億円の原資どう説明…23日に任意聴取(毎日新聞)
関電関連会社の派遣切り、200万円支払いで和解 大阪地裁(産経新聞)
小沢幹事長 「個人で積み立てた」党大会で説明(毎日新聞)
殺人事件が戦後最少=刑法犯7年連続減-警察庁(時事通信)

<治水>河川はんらん許容…有識者会議、政策転換検討で一致(毎日新聞)

 できるだけダムに頼らない治水対策を検討している国土交通省の「今後の治水対策のあり方に関する有識者会議」が15日開かれ、「洪水を許容する政策への転換を検討することが必要」との判断で一致した。来年夏ごろに提言をまとめる方針。従来の治水策はダムと堤防で流量を調節して河川からあふれさせないことを目指してきたが、河川のはんらんを許容して洪水を分散させる「流域治水」へと転換される可能性も出てきた。

 この日の会議では、▽河川対策▽流域対策▽ダム事業の検証のための基準作り--の3分野にわけて検討することを決めた。ゲリラ豪雨の多発など想定を上回る大雨が増えていることも背景に、「流域治水」も議論することでも一致。はんらんへの対応として、土地の利用規制や水害保険制度の創設なども検討することにした。

 「流域治水」が導入されれば治水対策の大きな転換となる。しかし、複数の関係省庁や多くの自治体にまたがる政策のため、議論の行方は不透明だ。

 また、ダム事業の見直し基準については、▽完了までの期間や事業途中での効果の有無▽維持管理コストが的確に見込まれているか▽費用便益になじまない生態系などをどう考えるか--などの論点が示された。【石原聖】

首相動静(1月19日)(時事通信)
オウム 新実被告の死刑確定へ(産経新聞)
阪神大震災 「中越」被災者が交流 山桜の箸贈る(毎日新聞)
「国際貢献に努力」=部隊指揮官、北沢防衛相に-インド洋給油(時事通信)
災害援護資金、自己破産の連帯保証人を免責 神戸地裁支部判決(産経新聞)

遺体写真から目そらし涙、女性裁判員を解任(読売新聞)

 福岡県小郡市で昨年5月、父親の頭部を鈍器で殴るなどして死亡させたとして、傷害致死罪に問われた無職尾篭(おごもり)和幸被告(30)の裁判員裁判の第2回公判が20日、福岡地裁であった。

 地裁は証拠の遺体写真を直視できなかった女性裁判員を解任し、補充裁判員の女性を後任にあてた。解任理由について、地裁は「プライバシーも保護する必要がある」と明らかにしなかったが、写真を見て体調を崩した可能性もある。

 尋問では、頭皮を切り取って頭蓋(ずがい)骨が陥没した様子を写した写真などが、モニターに表示された。女性裁判員は写真が示された際、画面から何度も目をそらしたほか、涙をぬぐうようなしぐさもした。

バイク酒気帯び運転 高校職員停職1カ月(産経新聞)
債務超過後も役員報酬8億円超…ニイウスコー社(読売新聞)
過酸化水素水のポリ容器、ビルから落下(読売新聞)
捜索で議員会館から段ボール40箱=鹿島本社、小沢氏事務所も-東京地検(時事通信)
「指示に従わず」と部下暴行=特別救助隊員を停職-東京消防庁(時事通信)

小沢氏発言に疑問…4億円は自己資金?預金は?(読売新聞)

 「自らの信念を通し闘っていく」。小沢一郎・民主党幹事長は16日午後、東京・千代田区で開かれた党大会であいさつし、自らの資金管理団体「陸山会」を巡る事件で、東京地検特捜部と全面対決する姿勢を鮮明にした。

 特捜部が解明を進める土地購入代金4億円の原資についても、「不正なお金ではない」と強調したが、発言を点検すると、いくつもの疑問が浮かび上がる。

 ◆「積み立てた資金」◆

 「別に隠し立てするお金ではない」。小沢氏はこの日、2004年10月に同会が購入した東京都世田谷区の土地代金の原資に言及し、「私どもが積み立ててきた個人の資金」と説明。特捜部から弁護士を通じて寄せられた問い合わせにも同様の回答をしたと話した。

 しかし、同会は昨年10月9日、読売新聞の取材に対し、土地代金は4億円の定期預金を担保に、金融機関から小沢氏名義で借り入れた4億円を使ったと答えている。「隠し立てする金ではない」のであれば、なぜ、最初から説明しなかったか疑問が生じる。

 また、小沢氏は07年2月、「事務所費を全部公表する」として、今回問題になっている世田谷区の土地を含めた同会の不動産の購入経緯を説明したが、この時には、「献金してくれた人の意思を大事にする方法だ」と、政治献金を使って不動産を購入していると話していた。

 ◆「疑いは晴れた」◆

 小沢氏は、「積み立てた個人の資金」について、「(検察に)金融機関の名前、支店名をはっきり言った。この資金の疑いは晴れたと思っていた」と強調した。一方、政治資金規正法違反容疑で逮捕された石川知裕衆院議員(36)の弁護人らによると、石川容疑者は特捜部に「小沢氏の資金は、小沢氏の父からもらった金を信託銀行に積み立て、1998年頃に崩して自宅の金庫に置いてあった」と供述している。

 小沢氏の父、小沢佐重喜元建設相は68年に死去している。後を継いだ小沢氏は、衆院議員として各選挙後に資産報告をしているが、初の公開となる93年4月提出分から、直近の報告となる05年12月提出分まで、「預金・貯金・郵便貯金」(当座預金や普通預金などを除く)の項目は「該当なし」が続いている。

 ◆「訂正で許される」◆

 「このような形式的なミスについては、今までほとんどのケースで報告の修正、訂正で許されてきた」。今回の土地問題に関する検察の捜査を、小沢氏はこう批判した。しかし、石川容疑者は特捜部に、「あえて収支報告書に記載しなかった」と供述し、単なるミスではなく、故意の不記載だったことを認めている。

 さらに、石川容疑者が記載しなかったとされたのは、4億円の収入と約3億5200万円の支出。過去には、坂井隆憲衆院議員(当時)が約1億6800万円の虚偽記入などで起訴され、有罪が確定。日本歯科医師会側から自民党旧橋本派への1億円ヤミ献金事件では、同派元会長代理の村岡兼造元官房長官が在宅起訴され、有罪が確定した。

<小沢幹事長>応答せず 聴取要請から1週間(毎日新聞)
長男刺殺、二審も懲役6年=裁判員裁判「判断正当」-福岡高裁(時事通信)
<人事>財務省(毎日新聞)
適正な塩分摂取量の認知度は約1割(医療介護CBニュース)
エスカレーター事故 中学生8人転倒し負傷 NHK名古屋(毎日新聞)

<浅川マキさん>ホテルで急死 67歳 名古屋公演で滞在中(毎日新聞)

 歌手の浅川マキ(あさかわ・まき)さんが17日夜、公演で滞在していた名古屋市中区のホテルで死亡しているのが見つかった。67歳だった。愛知県警中署によると、病死とみられるという。

 同署によると、同日午後7時45分ごろ、ホテル室内の浴室で倒れている浅川さんを事務所スタッフらが見つけた。浅川さんは公演で滞在中で、時間になっても部屋から出てこなかったためスタッフらが様子を見に行ったという。

 浅川さんは石川県生まれ。67年「東京挽歌/アーメン・ジロー」でデビュー。翌年、新宿のアングラ劇場、蠍座で寺山修司演出の独り舞台に出演し、評判となった。山下洋輔や坂田明、坂本龍一らと共演。ジャズやソウルに影響を受けた憂いを帯びた声と、全身黒づくめの衣装で70年代にかけ独特の存在感を放っていた。代表曲に「夜が明けたら」「かもめ」など。

携帯、見ながら歩いてません? 子連れや障害者が恐怖感(産経新聞)
<外国人地方選挙権>閣内の足並み乱れ(毎日新聞)
<人事>外務省(15日)(毎日新聞)
【くにのあとさき】東京特派員・湯浅博 「党益」が「国益」に優先とは(産経新聞)
パロマ中毒死、5月判決=元社長ら改めて無罪主張-東京地裁(時事通信)
プロフィール

ミスターさとしあきた

Author:ミスターさとしあきた
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。